カンタン操作で、きれいに耕うん。

よく使う操作レバーをハンドルまわりに集中配置

ハンドル手元でスムーズに変速

主変速コラムシフト

ハンドル手元に主変速レバーを配置。前・後進の切換えがすばやくできるので、枕地を仕上げる時など、切り返しの多い場合でもスムーズに作業できます。

土にやさしく小旋回

倍速ターン

ハンドルを大きく切ると前輪が後輪の約2倍速で回転し、土を荒らさずになめらかに極小旋回。隣接耕うんやハウス内、果樹園での作業時に威力を発揮します。

最適な作業速度が選べる

前進6段・後進2段変速

副変速と合わせると前進6段、後進2段の変速が可能。作業に合わせて最適な速度を選べます。超低速付きであぜ越えも落ち着いてできます。

きれいに水平耕うん

マイコンモンロー

●水平モンロー[水平制御]
軟弱地などで機体が傾いても作業機を自動で水平保持します。

耕深を一定保持

メカ式クッションオート

耕深はレバーひとつで決めるだけ。凸凹地や軟弱地でタイヤが沈み込んでも耕深をなめらかに調節し、きれいに仕上げます。


ロータリがスピーディに下降し、ゆっくりと着地します

整地性能を高める

回動式ニューフラップカバー

培土、代かき、耕うん作業に合わせて最適な位置にロータリカバーを設定でき、精度の高い整地が行えます。回動レバーで、トラクタに乗ったままカバー位置調節が可能です。
(E、SE仕様はレバーの形状が異なり、座席からの操作はできません)

草が巻きつきにくい

つきま線/草切爪

爪軸への草の巻きつきを防ぎ、草のからみによる馬力のロスを抑えます。
(サイドドライブロータリのみ)
(草切爪、E、SE仕様のつきま線はオプション)


土をしっかり反転し、良い土づくりを

スーパー反転爪

(サイドドライブロータリのみ)

コンパクトでパワフル。快適装備も充実。

13.5馬力で余裕の作業

E-TVCSエンジン

低速から高速まで、パワフルで粘り強いE-TVCS(新3噴流燃焼方式)エンジン。排気がクリーンなので、ハウス作業でも排気臭が気になりません。

長時間作業でも疲れにくい

快適シート

座り心地の良い座面と背もたれが、ほどよく身体にフィット。作業の疲れを軽減します。シートベルトは収納がラクな巻き取り式です。

大きな文字で見やすい

メータパネル

日本語の大きな文字で表示。バックライト付きで夜も見やすくなっています。

扱いやすいレバー配置

圧迫感がなく、操作しやすいよう、レバーガイドを斜めに配置。レバーは手になじむ形状で、軽い力で扱えます。

体格に合わせて位置調整

チルトハンドル

ハンドル位置を上げておけば、乗り降りもスムーズ。

早朝や夕暮れでも見やすい

マルチリフレクタヘッドランプ

広範囲を明るく照らす、大型のヘッドランプを採用しています。

カンタン給油台

給油口の近くに、給油缶を乗せられる給油台(折りたたみ式)を標準装備。

高い走破性と安定性、土に優しいパワクロ。

快適な乗り心地の第2世代

走行振動・騒音を大きく低減。優れた耐久性、メンテナンス性を持ち、道路への泥落としが少ないクローラです。

傾斜地や坂道でも高い安定性

広い接地面のクローラが地面をしっかりグリップ。安定して走行します。

土に優しい低踏圧

クローラは接地面積が広く低踏圧なので土を踏み固めず、透・排水性に優れた、作物の良く育つ圃場環境がつくれます。

天候に左右されない走破性

走破性に優れ、雨上がりの圃場にも入れるので、適期を逃さず予定通りに作業が行えます。

作業にゆとりを生む大きなけん引力

クローラの大きな接地面と独自の揺動支点により、グリップ力が高く強いけん引力を発揮します。

上下動が少なく、なめらかに凹凸を走る

パワクロサスペション

クローラは駆動軸の下にある、独自の揺動軸を中心に揺動します。凸凹地でもなめらかに追従し、機体の上下動が少ないので作業姿勢も安定します。

  • 主要諸元 PDF
  • カタログ PDF