機能紹介

便利な機能を標準装備

ミラー標準装備

包装レタスの貯留状態も一目で確認いただけます。

ラクラク屑回収

屑入BOXを標準装備し、包装紙屑の回収作業を容易に行っていただけます。

大容量貯留

従来より排出口を高く設計し、より多くの包装レタスの貯留を実現しました。

コンパクトボディ・省スペース設計

全長1100 × 全幅890 × 全高1210(mm)のコンパクトボディで設置面積も少なく、従来機LH-1と比較して、約3割減の省スペース設計です。

コンプレッサ不要で低騒音

クボタ独自の包装紙屑の狭持排出技術+ブロワ採用でコンプレッサ不要の低騒音作業を実現しました。
※ブロワは容易に入・切の切り替えができ、状況に応じた作業が可能です。

高能率の作業

「斜め」供給口でラクラク作業

供給口と作業者との距離が近い斜めデザイン!腰への負担が少なくなり、イスに座った状態でも快適に作業が行えます。

自動スタートで高能率

光センサ式の自動起動機能を採用!
レタス供給後は自動で包装を開始するため、手軽で高能率な作業が行えます。
※最大処理能力(個/h)750以上を実現!従来機LH-1比:約25%増!

① レタス投入

② 受け皿まで押し込み

③ 手を離すと「自動起動」

④ 包装完了

テープ不要

低温熱融着方式を採用!テープ不要でランニングコストも低減できます。また煙や臭いの発生を抑え、融着面を綺麗で軟らかに仕上げることが可能となりました。