お客さまの声

電農スクエアトップ > 営農情報 > 鉄コの教室 > お客さまの声 > 出芽率77%で目標とする苗立数を確保!
良好な出芽苗立の鍵は自然落水と飽水管理

出芽率77%で目標とする苗立数を確保!
良好な出芽苗立の鍵は自然落水と飽水管理

  • 新潟県新発田市 / 農事組合法人アドバンファームしばた 理事 本間 清起様
  • 水稲88ha:移植80ha(稚苗移植66ha、密播苗移植14ha)/鉄コーティング直播8ha) 園芸:ハウス栽培52a(イチゴ28a/チューリップ切花24a) 露地栽培255a(枝豆1.2ha/ブロッコリー1.0ha/アスパラガス:35a)
  • 栽培管理
  • 新潟県
  • 農事組合法人アドバンファームしばた 本間清起様
  • 2018/06/29

6月6日、アドバンファームしばた様の鉄コーティング直播(以下鉄コ)圃場において、生育調査が行われました。播種量がやや少なめでしたが、出芽率は77%となり、コシヒカリの目標苗立数をほぼ確保でき、今後の栽培管理で収量に期待が持てる状況です。また、今回は播種後の水管理や雑草対策についてもお話しを伺いました。

 

昨年より慎重に水管理をおこないました

4月28日の播種後すぐに水を入れ、出芽の促進と除草効果を高めるため1週間湛水状態を維持した後、自然落水を行いました。その後は、湛水しないで落水出芽としました。播種後12日で出芽し始めました。出芽してから、約3週間で、遠目からみても見た目にも条が揃ってきました。出芽率77%、苗立数は60本/㎡と、直播のコシヒカリの目標とする苗立数は確保できました。若干ですが、枕地周辺の出芽が良くなかったことは今後の課題です。昨年は自然落水させず長く水を張っていて、稲自体が徒長傾向になったので、今年は齋藤顧問の指導のもと、播種後に落水状態になった後は飽水管理を行ったことで、全体的に苗立ちがしっかりしたのがわかりました。

除草剤の選択の幅が広がり、雑草の心配が軽減されました

鉄コを始めた頃は、使用できる播種同時除草剤が少なく、ヒエが多く発生していたのですが、初・中期一発除草剤オサキニが使用できるようになってからは、播種後からヒエをしっかりと抑えてくれています。おかげで、圃場内の雑草は比較的少なく、初・中期除草剤を散布するか悩みましたが、今後のことを考えて5月27日に投げ込みのジャンボ剤「銀河ジャンボ」を施用しました。10年前に比べ、播種同時及び初・中期一発除草剤の登録数が増え、選択の幅が広がったため、普通移植と変わらず、雑草の種類や状況によって除草剤を変えられるので、雑草による心配も少なくなりました。

   

 ㈱クボタ アグリソリューション推進部

齋藤 祐幸 技術顧問


出芽率77%で、今後の収量に期待できます

播種したあとに1週間程度水を溜めて、その後は自然落水し落水出芽させることが理想の管理です。出芽確認まで何度か鉄コ圃場を確認に来たのですが、落水状態のところに追加で入水するというような管理を行っていた時は、できるだけ水を落とすようにお願いしました。今日、生育調査をした結果、出芽率は77%だったので、良い状態に管理されていたと推測されます。

枕地などに少し欠株が見られる理由として、およそ1haある圃場なので、圃場内の高低差によって、低い場所は湛水状態が続き、酸素が十分に供給されず出芽率が下がったり、極端に高いと発芽しても乾きすぎて種子が枯死し、苗立ちしなかったりということもあります。しかしながら、収量的にはほとんど影響は無いと考えています。

圃場の雑草の状況を見て除草剤の散布を行ってください

圃場内の雑草は極めて少ない状態でした。本間さんもおっしゃっていますが、播種時に、オサキニを散布するようになってから、ヒエの心配がなくなりました。初・中期一発除草剤の銀河ジャンボを施用する際に、本間さんから相談を受けたのですが、「雑草の発生が少ないようなら、初・中期一発除草剤は散布しなくてもよいのではないか」と提案をしました。しかし、除草剤をすでに購入しており、また、適期を逃すと施用できなくなるため、今後のことを考えて初・中期剤の施用を行ったものと思われます。

全国の鉄コの作付面積も年々拡大しており、それと併行して農薬メーカーも鉄コ直播に使用できる初・中期一発剤の登録を進めてきました。昔は限られた除草剤しか選べなかったのですが、今では名前をすべて覚えられないほどたくさんの除草剤があります。効果が高く、草種によって的確に対応できる薬剤が増えているので、昔と比べて除草剤の散布回数も減らすことができ、コストの低減を図ることができます。

★鉄コで使用できる除草剤例のPDFダウンロードはこちら

  • 栽培管理
  • 新潟県
  • 農事組合法人アドバンファームしばた 本間清起様
  • 2018/06/29
  • 前の記事へ
  • 記事一覧へ
  • 次の記事へ

ページトップ