お客さまの声

電農スクエアトップ > 営農情報 > 鉄コの教室 > お客さまの声 > 土は練り過ぎない
硬めの仕上げで出芽・苗立ちの安定を図っています

土は練り過ぎない
硬めの仕上げで出芽・苗立ちの安定を図っています

  • 栃木県さくら市富野岡 / 秋元 利彦さま
  • 水稲16ha(コシヒカリ4ha・なすひかり5ha・あさひの夢2ha
    WCS+新規需要米5ha) 全面積鉄コーティング直播
  • 播種
  • 栃木県
  • 秋元利彦さま
  • 2014/05/20

4月25日、雲一つない晴天に恵まれ、風も殆どない絶好のコンディションの下、ドライブハローによる代かき作業と鉄コーティング用直播機「鉄まきちゃん」8条を使った播種・播種同時施肥・除草剤散布作業を実施された秋元 利彦・秀則さま親子を圃場にお訪ねしました。今年の播種作業は4月23日にスタート。作業に先駆けて行った発芽テストでは90%以上と抜群の発芽率を確保しました。

tochigi03_t1

「均等な出芽」を念願に丁寧に均平作業をしています

 tochigi03_p1    tochigi03_p3

直播の場合は、出芽・苗立ちの安定のために圃場の均平が大切なポイントで、私は「均等な出芽」というものを念頭に均平作業をしています。仲間の中には徹底して均平にこだわり、レーザーレベラーをかけている人もいますが、そこまですると投資がかさむので、私は秋の収穫後から3回の耕うんと代かき作業で均平を徹底しています。耕うん作業は秋に1回、年が明けてから1回、3月に入ってからもう1回、ロータリ耕で丁寧にやっています。3回耕うんするとワラもほぼ完全にすき込めるので、代かきの時、浮きワラも殆ど出なくなります。

代かきはドライブハローを使い、高いところから低いところへ土を曳いてならしていきます。通常、荒代をかいて、その後、播き代と2回かくのですが、圃場の中には水もちの良いところやすき込み状態が良い土壌の所がありますので、今年は一部、試験的に荒代を一回だけ丁寧にかいて、そのまま播種をしてみようと思っています。

 

代かきは、さっと仕上げるように心がけています

あまり丁寧に代をかきすぎないというのが私なりに大事なポイントかと思っています。丁寧にかくと水もちはよくなりますが、直播の場合、できるだけ縦に水が浸透することによって根への酸素供給が良くなる。また、練りすぎるとどうしても種が埋没して発芽不良につながる原因になるんです。表面はできるだけ硬めに仕上げた方がいいというのが体験で判りましたので、基本、土は練り過ぎず、さっと仕上げるよう心がけています。圃場の四隅は、どうしてもロータリ耕の時に土を押して低くなってしまいますので、代かきの時に低くなった部分に土を戻す工夫をしています。植え代をかいたら自然落水するのを待って3~4日後に播種作業をします。

 tochigi03_p4    tochigi03_p5

 

tochigi03_t2

播種作業前にゴルフボールで田面の硬さをチェック
鉄まきちゃんの溝の切れ具合でも確認できます 

 tochigi03_p6    tochigi03_p19

事前の発芽テストで90%以上芽が出ていたので、種籾は1株当たり6粒から8粒落ちるように設定しました。食用以外にWCSも栽培しており、そちらは11粒~12粒播きます。除草剤は、オサキニの1㎏粒剤を使っていますが、少ないと効きが悪くなるので、10a当たり1㎏の均一散布にダイヤルを調整しています。播種作業の前にはゴルフボールを落として田面の硬さを判断しています。ボールが半分、もしくは3分の1位沈む程度の固さがちょうどいい。また、実際に種を落としてみてどれ位沈むかというのもテストしてみています。その他、タイヤ跡や溝の切れ具合でも判ります。崩れずくっきりきれいに残る状態だと、種が埋没する心配がないんです。

 tochigi03_p7    tochigi03_p8
 tochigi03_p9    tochigi03_p10

 

作業は格段に早くラクになった
1日6時間で、4ha以上播けます 

移植に比べて、作業は格段に早くラクになりましたね。移植だと水を吸った苗を何百枚と運ばないといけなくて、何人も人手が必要でしたが、鉄コーティング直播だと1日当たり米袋3袋分位の種もみの運搬ですみ、1度運んでタンクを満タンにしてしまえば1ha程は播けてしまいます。極端な話、私1人でも作業ができる位で、補助がもう1人いればスムーズに作業を進められます。毎日、播種作業はほぼ半日、3時間位かけてやりますが、1.5ha~2ha位は播けますね。播種の後は、除草剤を落ち着かせるのに3日ほど水を溜め、自然落水した後は土を湿らす程度でどちらかというと干し気味の管理をしていきます。後は芽が出るのを待つばかり。土の表面に播いているので、自分の目で出芽状態を確認できる分、安心感がありますね。

 tochigi03_p11    tochigi03_p12
 tochigi03_p13    tochigi03_p14

toranomaki_tochigi03

 動画2.jpg

  • 播種
  • 栃木県
  • 秋元利彦さま
  • 2014/05/20
  • 前の記事へ
  • 記事一覧へ
  • 次の記事へ

ページトップ