お客さまの声

電農スクエアトップ > 営農情報 > 鉄コの教室 > お客さまの声 >  雑草がほとんどない!
重要なのは除草剤散布のタイミング

雑草がほとんどない!
重要なのは除草剤散布のタイミング

  • 兵庫県宍粟市 / 裕谷兼光・裕谷康二さま
  • 裕谷兼光さま:水稲1.4ha(大豆23a含む)・
    鉄コーティング直播栽培面積15.5a(コシヒカリ) 
    裕谷康二さま:水稲90a・野菜20a・
    鉄コーティング直播栽培面積0.8a(コシヒカリ)
  • 除草
  • 兵庫県
  • 裕谷兼光・裕谷康二さま
  • 2012/06/11

雑草がこれほどないのは、適期に散布したから

5月29日に初中期除草剤を散布したあと、除草効果を高めるために水を切らさないよう、田んぼに水を張っていました。鉄コーティング直播に取り組む前、「直播は雑草対策で大変だよ」という声もあったんですが、今日のこの田んぼを見るとそんなことはないと思っているんですよ。雑草のない本当にきれいな田んぼなんですからね。
除草剤が良く効いていると思います。それこそ、芽が出てきた時には、ヒエなどがよく生えていたんですが、今は生えていません。2回目の除草剤散布の時期ですが、まだ芽が小さかったので、ちょっと早いような気もしたんですが、クボタのアドバイス通り、稲の1.5葉が8割程度出たのを確認したタイミングで撒いたのが、とても良かったんですね。

hyogo09-p01   hyogo09-p02

 

根張りを良くするには、水管理がポイント!

自然落水をしているときに、大雨が降った時があったんです。その関係で、なかなか水が引かず、深水になったみたいで根の張りが悪く、苗がヒョロヒョロしてしまいました。これだと根が横に伸びて、縦に伸びないということで、クボタからもう少し干して根張りを良くした方が良いとアドバイスを受けました。分げつ前の今なら水を抜いても良いということでしたので、水を抜いて様子を見ますが、また2、3日したら浅水管理をして、分げつをさせます。
これぐらいの時に、雑草が生えてないというのは、珍しいなと思っているんです。やっぱり除草剤が効いているんでしょうね。除草は生えたらしますが、後期除草剤は、今のところ雑草がないので、様子見ですね。生育も移植と変らないですからね。今だったら、初めてこの田んぼを見た人は、移植の田んぼかなと思うぐらいに、わからないんじゃないかな。

hyogo09-p03   hyogo09-p04

 

hyogo09-p05   hyogo09-p06

 

生育の様子を見ながら、適期を見極めて施肥をしたい

カルテック栽培(カルシウム施肥による安定・高品質な作物栽培)による米づくりをしているので、播種の時に肥料を散布しませんでした。そのことが関係しているのかどうか、隣の移植の田んぼと比べて、苗の姿が頼りないような気がしたので、近畿クボタに相談して、6月2日に10aあたり10kgの硫安を散布しました。11日の今日もまた追加で、10aあたり20kgの化成肥料を背負動力散布機で散布しました。
また、この後にも硫安を10ka~15kg/10aほど散布する予定です。散布時期は、適期を見極めて近畿クボタと相談しながらやっていきますが、この肥料の散布が生育にどのような効果を示すのか、確認していきたいと思います。

hyogo09-p07   hyogo09-p08

 

hyogo09-p09   hyogo09-p10

 

予想以上の成長ぶり!直播の見方が変った

この生育の様子だとこれからも大丈夫だと、手ごたえは感じています。正直こんなにきれいに生えるとは、思っていませんでした。これだけ芽が出て生育も順調なら、良いですね。
この前、地域の生産者仲間が鉄コーティング直播の田んぼを見て、「きちんと芽が出たね。これなら良いわ」と、言っていましたよ。これから、もっと移植並みに生育してきたら、鉄コーティング直播への見方が違ってくるんじゃないでしょうか。気持ちも播種前と今とでは、だいぶん違いますね。最初は不安もありましたが、今日クボタに「良く出来ていますね」と言われて、「これで良かったんだな」と、もっと自信がつきました。これからの生育に期待しています。

hyogo09-p11   hyogo09-p12

 

hyogo09-p13

inter_mov

  • 除草
  • 兵庫県
  • 裕谷兼光・裕谷康二さま
  • 2012/06/11
  • 前の記事へ
  • 記事一覧へ
  • 次の記事へ

ページトップ