お客さまの声

電農スクエアトップ > 営農情報 > 鉄コの教室 > お客さまの声 > 雑草を抑えるポイントは、
適期に除草剤を散布すること!

雑草を抑えるポイントは、
適期に除草剤を散布すること!

  • 兵庫県川辺郡猪名川町 / 北上倫聖さま
  • 水稲1.5ha・果樹70a・鉄コーティング実証圃10a(コシヒカリ)
  • 除草
  • 兵庫県
  • 北上倫聖さま
  • 2012/06/13

圃場を硬めに仕上げ、あぜ際の出芽率をアップ!

5月28日に播種してから約1週間で、出芽が確認できました。去年は2週間ぐらいかかったんじゃないかな。早く芽が出たのは、気温が高かった関係もあったのかなと思いますが、生長も早いです。
今年は去年と比べて出芽率が良いですね。圃場全体で、出芽率が7~8割を超えました。去年は代かきをしてから3日後に播種したので、まだ土壌が柔らかかったんです。しかも播種の時に旋回する際、土を練り過ぎたのか、あぜ際がさらに柔らかくなってしまって、種モミが沈んでしまったんでしょうね、あぜ際が見事に出芽しなかったんです。その課題を踏まえて、今年は代かきから播種まで5日程度置いて、硬めの圃場づくりを心掛けたので、あぜ際でも結構きれいに芽が出ました。


 hyogo08-p01    hyogo08-p02
 hyogo08-p03    hyogo08-p04

 

除草対策は適期に除草剤が散布できるかどうかで決まる

播種した時に初期除草剤を散布しているので、除草効果を高めるために4~5日間、水を入れてその後、自然落水をしました。この圃場はあぜ塗りをして割と水持ちが良いので、2回目の除草剤を撒く前の日に水を張りました。
去年は、除草剤を撒くタイミングが遅れたので、雑草がたくさん生えたんです。今年は、なんとしても雑草を抑えたかったので、早めの散 布を特に心がけました。

まだ出芽苗が小さい時期に散布するので心配でしたが、雑草をやっつけるタイミングは、ちょうど初期除草剤が切れる1.5葉期だとアドバイスがあったので、トップガンGT1キロ粒剤を背負動力散布機で、1kg散布しました。散布する時に気をつけたことは、ムラなく散布することと、特に雑草が多い箇所は、多めに撒くということです。除草剤を撒いたあとは、除草剤をよく効かせるために、また4~5日水を溜めて、それから自然落水をします。

除草対策のポイントですが、適期に除草剤を散布することはもちろん、今年は秋起こしで除草をしようと計画中です。収穫後はまだ気温が 高いので、また雑草が生えてくるんですよね。そこで、秋起こしで雑草が生えたところへ、除草剤を散布して根こそぎ雑草を退治しようと 思っているんです。

 hyogo08-p05    hyogo08-p06
 hyogo08-p07    hyogo08-p08

 

倒伏を防ぐために中干しを強めに行う

除草した後ですが、今年は中干しを強めにして、倒伏を抑えようと思っています。去年台風が来て、倒伏してしまったんです。参考書に下位節間が伸びる時期に中干しをすることで、下位節間の伸長が抑えられ、倒伏しにくい稲になると書いてあったので、水を抜いて土壌表面が割れるまで、中干しをしようと思っています。

こうして田んぼを見たら、きちんと育っていますし、これからどんどん生長していったら、移植と変らないと思います。移植と違って、鉄コーティング直播は大きくなるのが早いみたいですね。

移植は田植機で苗の根をちぎりながら植えていきますが、鉄コーティング直播は、種の状態から田んぼに播くので、根痛みがないのが生育に良いのでしょうね。私は気づかなかったのですが去年、田んぼをよく見ていた方から、「分げつが旺盛で、大きい良い株ができているね」と言われたぐらいですから。今後の生育が楽しみです。

 hyogo08-p09    hyogo08-p10

 

hyogo08-p11

inter_mov

  • 除草
  • 兵庫県
  • 北上倫聖さま
  • 2012/06/13
  • 前の記事へ
  • 記事一覧へ
  • 次の記事へ

ページトップ