お客さまの声

電農スクエアトップ > 営農情報 > 鉄コの教室 > お客さまの声 > 思っていたより出芽率が高くてびっくり!
あとは、移植と同じ管理をするだけ

思っていたより出芽率が高くてびっくり!
あとは、移植と同じ管理をするだけ

  • 兵庫県宍粟市 / 裕谷兼光・裕谷康二さま
  • 裕谷兼光さま:水稲1.4ha(大豆23a含む)・
    鉄コーティング直播栽培面積15.5a(コシヒカリ) 
    裕谷康二さま:水稲90a・野菜20a・
    鉄コーティング直播栽培面積0.8a(コシヒカリ)
  • 除草
  • 兵庫県
  • 裕谷兼光・裕谷康二さま
  • 2012/05/29

出芽率も高く、心配していた鳥害もなかった!

播種したあとの水管理は、クボタから教えてもらった通り、間断かん水をして田んぼを乾かさないように気を付けていました。昔、水を張った状態で芽出しして、苗を大きくしていた「苗代作業」と同じ考えで、鉄コーティング直播も出芽を促すには、水があった方が良いんだと思います。私が、出芽を確認出来たのは、ちょうど播種から12日後でしたね。水温の関係かどうか、思っていたより少し出芽が遅かった気がします。この圃場は、日当りの問題で積算温度がなかなか高くならなかったことが原因かなと思います。
今、道路から田んぼを見ると、きれいに芽が出ているのがわかるんです。出芽率が高く、これなら、いけるなと思いましたね。最初心配していた鳥害の問題も、今のところありませんでした。スズメが田んぼに入って、突いている姿は見ていませんし、歩いた跡もありません。もう、大丈夫ですね。

hyogo07-p01    hyogo07-p02
     

 

寒い日が続いても、芽は出る

先に鉄コーティング直播にチャレンジされている生産者の方の取組みを視察していたので、そんなに心配はしていなかったんです。播く前に、発芽テストもしていたので、芽が出るということはわかっていました。ただ、この辺りは寒いので、田んぼで播いたときに本当に芽が出るのかなと思ったんですが、きちんと芽が出ましたね。田んぼを上から見ると、出芽苗がきれいに見えますからね。田んぼの真ん中に生えている出芽苗なんかは、葉っぱがよく見えます。もう、一安心です。
hyogo07-p05

     
 hyogo07-p06    hyogo07-p07

 

早めの除草で、草を生やさない!

2回目の除草剤の散布時期ですが、クボタからのアドバイスがあって、稲の1.5葉が8割程度出たのを確認して、まだ芽が小さい5月29日に直播にも使える「ダブルスターSBジャンボ」を散布しました。ジャンボ剤は、あぜから投げ込むだけなので、田んぼの中に入らず、撒けるのが良いですね。除草剤の散布のタイミングですが、やっぱり、あんまり長い間放って置くと、雑草が大きくなって除草剤が効かなくなりますし、まだヒエで2.5葉以下の小さい時期に、早めにやっつけておくため、この時期に散布するんだと思うんです。
また、除草剤をよく効かせるために、前日から水を入れていたんですが、少し減ったので、再度水を入れてほぼ満水状態にしました。田面が見えてしまうと、どうしてもその箇所は除草剤が効かないので、田んぼ全体が完全に水があたるように、水管理には気を付けました。

 hyogo07-p08    hyogo07-p09
 hyogo07-p10    hyogo07-p11

 

hyogo07-p12

inter_mov

  • 除草
  • 兵庫県
  • 裕谷兼光・裕谷康二さま
  • 2012/05/29
  • 前の記事へ
  • 記事一覧へ
  • 次の記事へ

ページトップ