Kubota For Earth, For Life クボタ電農スクエア

農業施設

ホーム農業施設施設園芸分野 > アイメック

施設園芸分野


Imec(アイメック)クボタフイルム栽培システム 量と質へ。
どこでも、誰でも生産可能な新しい農業技術。


▲フイルムを持ち上げた状態
アイメック®の開発者 森 有一

アイメック栽培は、無数のナノサイズの穴が開いた特殊なフイルム(ハイドロメンブラン)により、トマトの根が求める養液だけを供給し余分な水分や雑菌を通さないことで、簡単に高糖度・高品質で安全・安心なトマトの生産を可能にする画期的な新技術です。


アイメックとは

食の安全性、水不足や土壌汚染などの深刻な問題に対処するために開発されたハイドロメンブランを用いた世界初の栽培技術です。
アイメック栽培では薄いフイルムの上に作物が育ちます。



水を制御する先進フイルム
ハイドロメンブラン

無数のナノサイズの穴が開いたハイドロメンブラン(=アイメックフイルム)は、根が求める養液だけを通し、害虫や病原菌の侵入を防ぎます。



特 長

どこでもできる
場所を選ばない

砂漠やアスファルトの上、土壌や塩害を受けた土壌など、土地の環境に左右されず、どこでも栽培可能です。
※但しハウス内は平地であること

土を使わないので...
連作障害、残留農薬などの土壌汚染の悪影響を受けません。農業に適さない地域での栽培に導入されています。

▲アラブ首長国連邦での設置例
※アイメックの特許は、120ヵ国以上で出願され100ヵ国以上で登録されています。(2015年現在)

誰でもできる
土づくりは不要

場所・季節などによって変わる土の性状を正確に把握し制御するには、とても高い技術が求められます。アイメック®は土の代わりにフイルムを使うので土づくりが不要になり、どなたでも栽培に取組んでいただけます。


環境、生産者、消費者にやさしい
低コスト、低環境負荷

大量の養液の循環や殺菌設備が不要で、排液が出ません。
低コストかつ環境にやさしい農法です。


甘く、美味しく、高栄養価

アイメックで育ったトマトは甘くて美味しいだけでなく、GABA※1 やアミノ酸などの成分も非常に高く、高評価を得ています。

※1: GABA(ギャバ) ⇒ 血圧を下げる、中性脂肪を抑える、神経を鎮める効果が期待されます


アイメックベッドの構成 


縁の下の力持ち 止水シート

地面と完全に隔離出来るので、砂漠地帯やコンクリートの上など「どこでも農業」ができます。
供給された養液を外部に漏らさないため、従来の農法に比べ、水と肥料の使用量が少なくてすみます。

おいしいトマト作りのコツ

高糖度・高栄養のトマト作りのコツは、子育てと同様、愛情をもって厳しく育てることです。
根は何もしないでも養液を吸収できる甘やかされた環境下では、努力をしなくなり、水分をたっぷり含んだ水っぽい果実となります。必要最小限の養液しか与えないと養液を求めて根を張り巡らし、たくさんの糖分、アミノ酸を含んだ果実となります。

栽培例 

●作型...年2作(春植え、秋植え) ●収量の目安(1年)...約10トン ●栽植密度:300坪(10a)...4000株 ※土耕栽培の約2倍




アイメック給液システム


アイメックベッドの設置方法


よくあるご質問

Q 露地栽培でも出来る?
A アイメックシステムは農業用ビニールハウス内に設置するシステムで、雨が降りこむ環境下では栽培出来ません。
Q 何坪から作れる?
A 設備コストを考慮すると、600坪以上がおすすめです。
Q 実績のあるトマトの品種は何?
A フルティカ、アイコ、小鈴などです。
Q なんで甘くなるの?
A 必要最小限の養液しか与えないため、トマトは養液を求めて根を張り巡らし、栄養を蓄えようと努力します。
その結果、たくさんの糖分、アミノ酸を含んだ果実となります。
Q トマト以外の作物も栽培出来る?
A トマト以外にメロン、きゅうり、パプリカなどの果菜類、葉物栽培も研究中です。
Q まず試験をしたいので栽培キットのような物はある?
A 現在、そのような製品のご用意はありません。
Q フイルムだけでも購入できますか?​
A フイルムのみの販売はしておりません。

カタログ

アイメック®はメビオール株式会社の登録商標です