トラクタが頭脳を持った。
ECUの統合制御で高能率な作業。 動画を見る

エンジン回転数をキープし、
ムラのない作業ができる。

パワーアシスト制御

負荷が大きくなっても、設定したエンジン回転を一定にキープ。収穫や薬剤散布などの中・低速作業でもムラのない安定した作業が行えます。必要な時にスイッチで自在に「入・切」ができます。

2種類のエンジン回転数を、ワンタッチで切換えできます。

エンジン回転メモリ

旋回や振動が加わる作業中でも狙った回転数に切換えでき、作業がスムーズ。オペレータが交代しても同じ作業ができます。

移動時などは「追いアクセル」が可能

セット中でも、アクセルペダルを踏むとエンジン回転が上昇。
離すとセット回転数に戻ります。

旋回中はエンジン回転数ダウン

eアシスト旋回

ポンパ操作の上昇でエンジン回転数がダウン。下降でエンジン回転数が復帰します。

※2000回転と1000回転をメモリした例

安定した作業が可能に。

エンジン回転上限設定

上限をダイヤル操作で簡単に設定。作業機のPTO回転数に制限がある場合に便利。


正確でラクなアクセル操作。

電子アクセル

レバーとペダル両方のアクセル操作が、軽いタッチで、正確に行えます。

車速連動インプルとマッチング。

車速信号取出しカプラ(標準装備)

薬剤散布では、散布量を車速に合わせて自動調節するのでムラなく、低コスト。

ページトップへ