農業の新時代を拓いていく、
業界初の新機能。

ほ場ごとの水分含有率・タンパク含有率を測定する 食味センサ PF仕様

グレンタンク内のモミ貯留部に貯まったモミに対して光を照射。モミを透過した光を受け、近赤外域の波長ごとの強さを測定することで、水分・タンパクの含有率を算出します。また、ほ場ごとに確認ができます。

刈取りしながらマルチナビで食味を確認可能

・タンパク ・水分(最新)

タンパク含有率と水分含有率の最新値を表示します。

※タンパク含有率は一般的な乾燥水分率15%時のタンパク含有率に換算して表示します。
※麦は、水分表示のみとなります。

・タンパク ・水分(平均値)(・モミ積算重量 )

タンパク含有率と水分含有率の平均値を表示します。

※一般の食用米が対象となります。もち米・酒米・低アミロース米などの機能米は、正確に測定できません。

ほ場ごとの収量を測定する 収量センサ PF仕様

グレンタンクの下にある収量センサにより、グレンタンクに貯まったモミ重量を測定。ほ場ごとの収量を算出します。傾斜センサにより、機体が傾いても正確な収量を算出できます。また、ほ場ごとに確認ができます。

刈取りしながらマルチナビで収穫量を確認可能

・水温 ・シーブ ・モミ量

エンジンの水温、シーブ上のモミ量、グレンタンク内のモミ量を10段階表示します。

・モミ重量 ・シーブ

グレンタンク内のモミ重量とシーブを表示します。グレンタンク内のモミ重量は1kg単位で表示するため、モミ量の把握がより正確に行えるようになりました。

・モミ積算重量 ( ・タンパク ・水分(平均値) )

収穫したモミの積算重量を表示します。

・モミ重量 ・乾燥重量

収量測定スイッチが押されて測定を完了したとき、測定したモミ重量と、15%の水分で換算した乾燥重量を表示します。

作業能率向上を支援

●任意のモミ重量で満杯警報を設定することができます。的確な排出時期が分かり、グレンコンテナやフレコンに入りきらないといった排出作業の無駄を省けます。

●収量を現場で即座に確認することができます。作業委託者がいる場合、オペレーターはその場でタンパク・水分・収量の情報を伝えることができます。

※収量センサの精度については、収量±5%(グレンタンク容量500kgの場合)、食味センサの精度については、水分含有率は概ね±1.5%、タンパク含有率は概ね±0.5%以内の精度となる様、設計していますが、ほ場・作物条件によって、これらの精度から外れる場合があります。

※食味センサは、毎年、シーズン後に定期メンテナンスが必要になります。食味センサは、光学精密部品を使用している為に毎年調整が必要です。定期メンテナンスについては、お取引先ディーラー及びJAまでご相談をお願い申し上げます。

※(ダイナマックスレボPF仕様の)食味センサより得られるタンパク値は、ほ場毎に施肥設計して食味と収量を改善するために活用し、個人販売することに役立てることができますが、従前の集荷機関・業者・団体がある場合は、測定条件・環境により測定値が異なる場合があるため従前の集荷基準を優先願います。

▲ページトップ

価格表示に関するご注意

▲ページトップ