鉄コーティングのすすめ

電農スクエアトップ > 営農情報 > 鉄コの教室 > 鉄コーティングのすすめ

鉄コーティング直播栽培の仕方

浸種重要

浸種

発芽力の強い充実した採種圃産種子(購入種子)を入手し、必要に応じて塩水選(種子消毒)をしたら15~20℃のたっぷりの水に3~4日浸種をします。(積算温度40~60℃)

コーティング作業

コーティング作業

鉄粉・焼石膏で種子をコーティングします。

コーティング後の管理重要

コーティング後の管理

コーティング種子はすぐに薄く広げ酸化・乾燥させます。(酸化による発熱に注意)コーティング翌日以降は、コーティング種子を空気にさらすようなかたちで全体に攪拌し、再度薄く広げ、噴霧器で水を種子の表面全体が湿る程度スプレーし、酸化を促します。

発芽テスト

発芽テスト

播種前には必ず発芽率を確認します。

耕起・代かき重要

耕起・代かき

代かきの硬さの基準は、通常の移植の場合に比べ、播種時に車輪跡が消える程度の硬めの代かきを行います。耕起前に雑草が多く発生する圃場では、耕起前除草剤を散布します。

表面播種

表面播種

鉄コーティング用播種機で、代かきから4日以内に播種します。(砂壌土等は1~2日以内)

水管理・除草重要

水管理・除草

播種後、10日程度は落水状態にします。播種後、初期除草剤(サンバード粒剤)を散布する場合は、散布後4~5日間は湛水状態を保って、7日間は水尻を止水します。その後、出芽揃えまで落水します。

入水・除草剤

入水・除草剤

播種後、2週間前後で出芽するので、出芽を確認したら入水し浅水にします。本葉1.5葉が展開したら、すぐ除草剤(初中期剤)を散布します。

栽培管理

栽培管理

移植と同じ栽培管理をします。

適期収穫

適期収穫

適期収穫で高品質米づくりをします。

ページトップ