鉄コーティングとは?

電農スクエアトップ > 営農情報 > 鉄コの教室 > 鉄コーティングとは?

鉄コーティング湛水直播とは?

直播栽培は、育苗をせずに種子を直接圃場に播種する栽培方法で、数々のメリットを得られることから、注目を集めています。なかでも、鉄コーティング湛水直播栽培は、鳥害の軽減や浮き苗の発生という問題を解消する技術として、最近注目を集めています。

鉄コーティングの原理

鉄コーティング湛水直播栽培のメリット

省力、軽労化が図れます
  1. 移植栽培と比べ、育苗作業・苗運搬が不要で約60%の労働時間の短縮が可能です。農閑期にあらかじめ種子を粉衣でき、長期保存が可能になります。
  2. 移植作業が不要で、播種作業が1人でもできます。

10a当り栽培別労働時間

軽労化で高齢者の方でも生涯米づくりが行えます

小規模農家や高齢者に向けた省力、軽労化にも極めて有効で、生涯米づくりが行えます。

軽労化で高齢者の方でも生涯米づくりが行えます

生産コストの低減ができます
  1. 育苗作業が不要で、種苗費や資材費、労働費などの削減が図られ、約36%の生産コスト低減が見込まれます。
  2. 粉衣資材費も安くできます。

生産コストの比較

鳥害や病害の発生が少ないです
  1. 鉄コーティングをすれば、表面が硬くなるため、スズメの食害の心配が少なくなります。また、水がなければ、カモの習性から食害を抑制できます。
  2. 鉄コーティング処理により種子伝性病害の発生が少なくなります。(2009年日植防報告 井上ら)

鳥害や病害の発生が少ないです

作期分散と機械施設の効率的利用ができます
  1. 出穂期・収穫期が移植栽培より遅れるので、移植栽培と比べることにより、作期分散が図れ、機械や施設の効率利用ができます。
  2. 移植栽培と直播栽培を組み合わせることで、稲作経営規模拡大が可能になります。

作期分散と機械・施設の効率的利用

作期分散と機械施設の効率的利用ができます

直播による労働時間の軽減と収穫作業の分散

農地や経営流動化に対応した大規模農家では、春の労働ピーク解消を図る育苗作業を省略する必要があり、それは複合営農の導入にも大きく貢献できます。

品質食味が向上できます

生育期間が移植栽培に比べて5~10日遅くなるので、近年多発する高温登熟による障害が避けられ、早期品種では乳白色米などの発生が少なくなります。

品質食味が向上できます

播種量と出芽状況を確認できます

表面播種なので、播種量や出芽状況を目で見て確認できます。

播種量と出芽状況を確認できます

ページトップ