お客さまの声

電農スクエアトップ > 営農情報 > 鉄コの教室 > お客さまの声 > 省力化ができた!
今年1年の実証で良さを確かめたい

省力化ができた!
今年1年の実証で良さを確かめたい

  • 兵庫県宍粟市 / 裕谷兼光・裕谷康二さま
  • 裕谷兼光さま:水稲1.4ha(大豆23a含む)・
    鉄コーティング直播栽培面積15.5a(コシヒカリ) 
    裕谷康二さま:水稲90a・野菜20a・
    鉄コーティング直播栽培面積0.8a(コシヒカリ)
  • ほ場準備
  • 兵庫県
  • 裕谷兼光・裕谷康二さま
  • 2012/05/05

メリットは育苗作業が要らないこと!

去年、近畿クボタから実証の提案があったんです。「直播は雑草対策が大変だよ」という声もあったんですが、そんなことを言ったら何もできないので、とにかく一度チャレンジしてみようと思ったんです。やっぱり時代も変ってきているし、同じことを繰り返すのではなく、良いものは積極的に取り入れていき、進歩しないといけないと思ったんです。

近畿クボタから鉄コーティング直播について色んな話を聞きましたが、私たちが一番興味を持ったのは、育苗作業をしなくてよいこと。自分のところで苗をつくっているもんだから、その手間が省けるというのは、ものすごくありがたいんですよ。育苗は作業のなかで、一番気を揉むし大変ですからね。育苗器に入れて上手いこと芽が出たら良いんだけど、芽出しする時期が寒いと育苗器の温度が十分に確保できず、苗が大きくならないんです。しかも、ハウスに置いていると野鼠に食べられたりして、苗が足りなくなる時があるんです。そうなると、他から購入しないといけない。余分な費用まで掛かってくるんです。その点、鉄コーティング直播はいちいち苗の状態を心配することがないし、コストも抑えられる。良いこと尽くめなんですよね。

 コーティング作業は意外に簡単!

コーティングは初めてだったので近畿クボタに実演してもらい、要領を教わりました。鉄コーティングしたモミは自宅へ持って帰り、すぐにムシロへ薄く広げ全体を攪拌して水を散布し酸化を促しました。
3、4日で完全に酸化したので、今は網袋へ入れて保管しています。思っていたより早く出来て、簡単なのが良いですね。この辺りはスズメも多いので、鳥害の心配が少ない鉄コーティングが、どれほど効果があるのか判断していきたいと思います。

 雑草を生やさないために、圃場を均平にします!

近畿クボタから色々とノウハウを教えてもらったなかで、鉄コーティング直播のポイントの一つは、水管理がしやすい圃場にすることだと思っているんです。ですから基盤整備が出来ていて、あぜが丈夫な水持ちの良い圃場を選びました。また、初めてなので安心して管理ができるよう、自宅から近く目が届く範囲の圃場にしました。水管理がしやすい圃場にするために、できるだけ圃場を均平にするよう、ロータリを水平にして丁寧に代かきをしました。圃場に凹凸があると、どうしても除草剤の効きが悪くなり、雑草が生えますからね。
しかも、播種や出芽の精度にも関わってくると聞いたので、気を付けて代かきをしました。代かきをした後は、近畿クボタからの指導で播種まで4日間開けて、播種するのに最適な圃場硬さにしました。 

 hyogo03-p01    hyogo03-p02

 

2、3年は続けて良さを実感したあと、みんなにも勧めたい!

5月10日にクボタの鉄コーティング用直播機を使って、播種をする予定です。雑草の問題や何日で出芽するか、今疑問に思っていることを北近畿クボタと一緒にコミュニケーションを取りながら、きちんと見極めたいですね。実際自分たちで実証してみて、これだったら大丈夫と判断できたら、来年は本格的に取組もうと考えています。1年やっただけではわからないので、2~3年は継続して良ければ集落の生産者仲間にも勧めていきたいですね。

hyogo03-p03

inter_mov

  • ほ場準備
  • 兵庫県
  • 裕谷兼光・裕谷康二さま
  • 2012/05/05
  • 前の記事へ
  • 記事一覧へ
  • 次の記事へ

ページトップ