お客さまの声

電農スクエアトップ > 営農情報 > 鉄コの教室 > お客さまの声 > 移植と直播の組み合わせで
早生でも収穫適期を逃さない!

移植と直播の組み合わせで
早生でも収穫適期を逃さない!

  • 滋賀県長浜市 / 吉田和夫さま
  • 栽培面積:17ha(うち鉄コーティング4ha)
  • 収穫
  • 滋賀県
  • 2011/09/26

来年は飼料米でもチャレンジしたい!

過繁茂になったため、下葉が枯れて光が当たらず、最後の最後に、栄養分を米に送る力がなくなり、未熟粒が増えました。今年は曇りが多かったので、光合成が十分でなかったのが原因だと判断しています。
来年の対策として、今年は種子を3キロ播きましたが、2.5キロに減らして、肥料も多少減らそうと思っています。また、減反面積が増えるので、半分は飼料米にチャレンジしようと思っています。

 shiga12-p01    shiga12-p02

 

鉄コーティングは、刈取り時期をずらせるのが良い

出穂時期が移植と比べて、鉄コーティングは遅れるので、移植したコシヒカリを収穫し終えてから鉄コーティングをした早生の“ヒカリ新世紀”が刈れたので、早生でも刈遅れがなくて良いですね。
これなら、早生品種をたくさん栽培できるし、大きなメリットですよ。

 shiga12-p03


inter_mov

  • 収穫
  • 滋賀県
  • 2011/09/26
  • 前の記事へ
  • 記事一覧へ
  • 次の記事へ

ページトップ