お客さまの声

電農スクエアトップ > 営農情報 > 鉄コの教室 > お客さまの声 > 収穫間近!
均平な圃場づくりの成果が今出てきてますね!

収穫間近!
均平な圃場づくりの成果が今出てきてますね!

  • 滋賀県近江八幡市 / 内野営農組合
  • 鉄コーティング直播栽培面積1.2ha(実証圃)
  • 栽培管理
  • 滋賀県
  • 2011/08/30

 病気に強いがっしりした株。やっぱり点播はいい!

今播種してから大体4ヶ月近く経って乳熟期に入ってるんだけど、同じ“秋の詩”の移植の圃場と比べても、見た目はほとんど変わりませんね。点播による日当たりと風通しの良さが表われてるのか、茎の太い丈夫な株に育ってるし、目立った病気も害虫の被害もなかったです。
この圃場は前作が大豆だったので、肥料は少し抑えたんです。倒伏の原因になるので。7月にあった中間検討会でも専門家の方に見てもらい、根がしっかり張ってるのもわかって自信がつきました。このままいけば倒伏の心配もないと思いますね。 

 shiga09-p01

 

雑草が抑えられた!大事なのは均平な圃場づくりとこまめな水管理

初期除草剤のサンバードを播種の時に撒いて、それから1週間後にもう一回撒いたんだけど、それっきりにしては雑草がほとんど生えてないね。環境にやさしい米づくりに取り組んでいて、除草剤は2回以上撒けないので、適期に除草剤を散布することとこまめな水管理、それに均平な圃場づくりに気を遣いました。
圃場を均平にしておかないと、水を入れた時に土が盛り上がった箇所が表面に出て草が生えるんですよ。そうなるといくら丁寧な水管理をしても除草剤の効きが悪くなる。昨年はそれでヒエがいっぱい生えました。だからほんと均平は大事なんですよね。後々に影響してきますから。その大切さがここまで育ってきてよくわかりました。
これからは収穫の5日前くらいまでは湛水状態にして、それから水を落としていきます。あとは適期に刈ること。これさえ守ればしっかり収量はとれると思いますね。

 shiga09-p01


inter_mov

  • 栽培管理
  • 滋賀県
  • 2011/08/30
  • 前の記事へ
  • 記事一覧へ
  • 次の記事へ

ページトップ