1. HOME  >  
  2. 最新技術実証  >  
  3. 水稲移植栽培における密播疎植栽培技術の実証(広島県・平成25年度)

〜水稲移植栽培における密播疎植栽培技術の実証(広島県・平成25年度)〜

水稲移植栽培における密播疎植栽培技術の実証(広島県・平成25年度)

水稲の育苗にかかる労働時間の削減や労働強度の軽減、資材費の削減をはかるため、密播・平置き無加温出芽・フロート式プール育苗を組み合わせた育苗技術を、従来の標準量播種・育苗器出芽・スプリンクラー潅水による育苗と比較した実証事例のご紹介です。

背景およびねらい

◆背景
 広島県では農業の主要な担い手として集落農場型農業生産法人(以下、集落法人)の育成を推進している。平均経営面積約24haのうち、6割強が水稲である(平成24年度時点)。そのため、水稲の育苗にかかる労働時間の削減や労働強度の軽減、資材費の削減は、集落法人の経営改善を進めるうえで極めて重要である。

◆目標
 密播・平置き無加温出芽・フロート式プール育苗(浮き楽栽培)を組み合わせた育苗技術について、慣行育苗(標準量播種・加温出芽・スプリンクラー潅水)と比較検討し、技術の実用性を総合的に評価する。使用箱数は10箱/10a以下に削減することを目標とした。

結果の概要および考察

1.実証区は慣行区と比べ、苗の草丈がやや短く、葉数および地上部乾物重はやや少なく、根張りがやや劣った。しかし、田植機への積み込み等、田植作業に影響はなかった。

2.使用箱数は、慣行区の18.7箱/10aに対して実証区は9.3箱/10aと約半分となり、目標の10箱/10a以下を達成した。

3.実証区の生育は、最高分げつ期までは、草丈および葉色は慣行区と同等で、茎数はやや少なく推移した。幼穂形成期以降は、草丈はやや長く、葉色はやや濃く、茎数はやや多く推移した。
実証区は排水がやや不良だったため、中干し不十分となり、倒伏程度は慣行区より大きくなった。

4.実証区の収量は慣行区比118%と多収となり、品質は整粒歩合で80%以上と高くなった。生育および収量の差は地力や水管理による影響で、苗に起因したものではないと思われ、実証区の育苗方法でも慣行区と遜色のない収量・品質が得られると考えられた。

5.実証区は育苗器が不要で、苗箱数の削減も図れるため、慣行区と比べ6.9%の労働時間短縮が図れ、労務費で320円/10a、育苗にかかる原材料費・減価償却費併せて5,288円/10aの削減となり、事業利益は慣行区が18,956円/10aに対し、実証区では24,564円/10aという結果となった。

6.実証農家の慣行面積14haに換算した場合、785,120円の経費削減効果が見込まれる。

今後の課題・展望

1.苗質の向上および根張り改善の課題解決を図る。

2.周辺の集落法人への普及を図り、水田農業経営の向上に努める。


もっと詳しく!今回ご紹介した記事の全文はこちら http://www.jeinou.com/2014/11/post_19.html
(みんなの農業広場の該当記事へリンクします)

LINEで送る
ツイート
Facebookで記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページトップへ

menu

menu