1. HOME  >  
  2. 最新技術実証  >  
  3. 畦立同時施肥・施薬技術に関する実証調査(平成23~24年度)

畦立マルチャの違いが粒状資材の畦内混和に及ぼす影響調査

〜畦立同時施肥・施薬技術に関する実証調査(平成23~24年度)〜

畦立同時施肥・施薬技術に関する実証調査(平成23~24年度)

サツマイモの施肥・施薬・土壌消毒・畦立・マルチ作業を同時に行う畦立マルチャについて、南九州で普及しているセンタードライブタイプ(駆動軸が機体中心部にあるタイプ)で粒状資材を均一に混和するための耕うんつめ配列および散布方法等を実証検討した事例をご紹介します。

調査の狙い

 サツマイモ畦立同時工程作業に用いる畦立マルチャは,大別すると駆動軸が畦中心部にあるセンタードライブタイプと,駆動軸が機体側面にあるサイドドライブタイプの2機種がある。鹿児島県内では,前者が多く普及している。ところで,畦立マルチャは畦立時の土盛りを効率的に行うことを最優先して設計され,農薬等粒状資材を畦内に均一に混和することを主目的としていない。そこで,昨年度は,一般的に利用されている畦立マルチャを用い,混和の均一性について調査を行った結果,センタードライブタイプはサイドドライブタイプに比べチェーンケース部分の均一性が不十分であることが確認された。

結果の概要および考察

1.本年度は主にセンタードライブタイプ(以下,「CDタイプ」という)の畦立マルチャについて,均一的に混和するための耕うん爪配列,散布方法等を中心に検討した。

2.事前に散布した粒状資材を混和する場合,CDタイプの畦立マルチャでは,資材は畦頂部に集中し,畦中心部の混和が不十分であった。

3.事前に散布した粒状資材はセンタードライブのロータ軸最内側に爪を追加することで,より畦中心部へ混和され,更に散布幅をより広くすることで,混和の均一性が更に高まった。

4.また,畦立と同時に機械で畦立マルチャ前方に粒状資材を散布した場合もCDタイプの畦立マルチャでは,ロータ軸内側に爪を追加し,更に散布幅を広くすることで混和の均一性が向上した。

5.CDタイプの混和均一性を改良するため耕うん爪の配列,散布方法等について検討したが,畦立同時機械散布では畦外への資材逸脱が確認された。

6.CDタイプの畦立マルチャのロータ軸最内側に爪を追加することで混和の均一性は向上したが,畦立同時機械散布では畦外への資材逸脱が確認されたことから散布した粒状資材を確実に畦内に混和させ均一化する畦立同時散布技術の検討が必要である。

今後の課題・展望

本年度の試験結果を基に畦立マルチャの耕うん爪の配列,資材の散布方法・位置等を考慮し,より均一な混和が可能で省力的・低コストな畦立同時散布技術の確立に取り組むこととする。


もっと詳しく!今回ご紹介した記事の全文はこちらhttp://www.jeinou.com/2014/02/post_15.html
(みんなの農業広場の該当記事へリンクします)

LINEで送る
ツイート
Facebookで記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページトップへ

menu

menu